ユーザ ID:<半角英数字>
パスワード:PWをお忘れの方
ホーム >> アラド戦記 RMT ウェポンマスター
投稿日時:2014.01.05

アラド RMT キャラクター紹介

「鬼の呪いにも屈せず己を鍛えること。それが武道の極ではないか」
どんな困難に遭遇しようと自身が目指す道を諦めず、挑戦する不屈の人々がいる。
鬼剣士にもそうした性質の者がいるが、その中でも武器の扱いに長ける者を『ウェポンマスター』と称する。

•鬼剣士との外見の違いは鬼手が白色で(レギュレーターを着けている為)、動くと残像が残る。
(光剣を装備しているのもウェポンマスター)

ウェポンマスターの特徴

•武器による戦闘に特化した鬼剣士。使用武器により戦闘スタイルが大きく変化するのが最大の特徴。
?使用武器により性能が変化する、通常攻撃と同じ扱いのスキル鬼剣術奥義がその代表である。
?鬼剣術奥義以外にも、使用武器によって性能が変化するスキルを多く持つ。
?武器マスタリーのレベルに応じて、各武器ごとに様々なスキルに追加効果が得られる。
•鬼剣士の中で唯一光剣を装備できる。
•近接戦闘における選択肢が豊富で、武器の性能から集団が相手でも戦いやすい。また、自分ごと移動するスキルが多いため機動力に優れる。
•火力を上げるためには武器の強化は勿論のこと、物理攻撃力・力・物理クリティカル率・属性強化をバランス良く上げていくと効率が良い。特に属性強化の恩恵はとても大きいため、高レベル帯では武器に属性をつけてその属性強化値を上げることが必須である。
 
各武器の特徴
•各武器マスタリーはLv1でMAX。
•武器の極意のレベルを上げることにより、取得済みの全ての武器マスタリーのレベルが上昇する。
•武器マスタリーのレベルにより追加効果が発動。この追加効果は該当する武器を装備していないと発動しない。
+   小剣  小剣
物理攻撃力:同率3位(Lv70青字の物理攻撃力:519)
力上昇:5位(Lv70青字の力上昇:0)
物理スキルクールタイム:±0%
攻撃速度:普通
ヒットストップ:中
通常攻撃範囲:狭い→非常に広い
本来の攻撃範囲は狭いが、ウェポンマスターが使うと最も攻撃範囲が広い武器になる。もともと魔法職用の武器なので物理攻撃力は低めで力も上がらないが、様々なスキルが強化されるため十分に戦える。各スキルに追加される固定攻撃力はスキルの倍率の2乗に比例し、独立攻撃力の影響を受けないという特徴がある。 +   具体的な計算方法  追加固定攻撃力は、スキル%×スキル%÷100×追加率で計算される。
例えば、チャージクラッシュ(追加率75%)Lv7の切り上げ(700%)に追加される固定攻撃力は
700×700÷100×0.75=3675 である。
なお、クロニクル装備などでスキルの%を上げると、固定攻撃力を大幅に増やすことができる。 
変化するスキル
小剣
マスタリー スキル名 内容
0 鬼剣術奥義 固定攻撃力を持ちダウンを取らない3段攻撃 小さな剣気が発射される
流心・快 モーションが変化し2ヒットする 1ヒットあたりの威力0.7倍 相手をダウンさせない
流心・衝 追加攻撃が可能
3 通常攻撃 攻撃範囲が増加し固定攻撃力が追加
アッパースラッシュ 攻撃範囲が増加し固定攻撃力が追加 追加攻撃が可能
断空斬 固定攻撃力が追加
流心・衝 固定攻撃力が追加 (追加攻撃は固定攻撃力無し)
チャージクラッシュ 固定攻撃力が追加
5 ガード タイミングよくガードすると気絶効果のある衝撃波が発生
7 居合い 極超居合いのような剣気が発射される
猛竜断空斬 攻撃回数+2
幻影剣舞 剣風の維持時間増加 ヒット間隔半減

 
+   大剣  大剣
物理攻撃力:1位(Lv70青字の物理攻撃力:665)
力上昇:同率2位(Lv70青字の力上昇:38)
物理スキルMP:+20%
物理スキルクールタイム:+10%
攻撃速度:遅い
ヒットストップ:大
通常攻撃範囲:広い
強化されるスキルが少なく、ヒットストップも大きいが、それを補って余りある高い攻撃力を持つ。スキルのクールタイムが長くなるため、クールタイムの短いスキルを多めに習得しておきたい。瞬間的に出せる火力の高さが魅力であり、装備が強力になるほど真価を発揮する。変化するスキル
大剣
マスタリー スキル名 内容
0 鬼剣術奥義 2段攻撃 2打目はHA 2打目を溜め可能(最大威力4倍)
1打目時に小さな竜巻が発生する(極僅かに集敵効果がある)
2打目は攻撃範囲が非常に広く、相手を吹き飛ばす
流心・衝 追加攻撃が可能
流心・昇 ジャンプ力が低い
3 アッシュフォーク HA化する 多段ヒットする
5 ガード タイミングよくガードすると気絶効果のある衝撃波が発生
居合い 溜め可能(最大威力1.2倍) 相手をダウンさせる
7 チャージクラッシュ 追加攻撃が可能

 アラド戦記 RMT
+   ブレード  ブレード
物理攻撃力:同率3位(Lv70青字の物理攻撃力:520)
力上昇:同率2位(Lv70青字の力上昇:38)
物理スキルクールタイム:-5%
物理クリティカルヒット:+2%
的中率:-1%
攻撃速度:速い
ヒットストップ:小
通常攻撃範囲:狭い
武器の攻撃力は低いが攻撃全てに出血効果がつき、攻撃力の低さを補っている。出血の仕様上、重複させるほど効率良くダメージを与えられる。特に幻影剣舞の出血ダメージは強力。断空斬が高威力な他、流心派生とはどれも相性が良い。出血により流心・衝の状態異常ボーナスが期待できる。変化するスキル
ブレード
マスタリー スキル名 内容
0 鬼剣術奥義 合計8ヒットする4段攻撃
流心・衝 ヒット数2倍 1ヒットあたりの威力0.7倍
流心・快 モーションが変化し2ヒットする 1ヒットあたりの威力0.7倍 相手をダウンさせない
流心・昇 ヒット数2倍 対空ボーナスが削除
3 全ての武器攻撃 出血効果が追加
空中連続斬り モーションが変化し2ヒットする 出血している相手へのダメージ増加
5 断空斬 攻撃回数+2 最終打で相手を浮かせる
7 居合い 出血効果のある追加攻撃が可能 追加攻撃の威力は高め
幻影剣舞 斬り部分の攻撃速度2倍、ヒット数+6〜8回、1ヒットあたりの威力0.5倍

 
+   鈍器  鈍器
物理攻撃力:2位(Lv70青字の物理攻撃力:609)
力上昇:1位(Lv70青字の力上昇:58)
物理スキルMP:+10%
物理スキルクールタイム:+5%
的中率:+1%
攻撃時、2%の確率で敵を気絶状態にする
攻撃速度:遅い
ヒットストップ:中
通常攻撃範囲:普通
衝撃波を発生させる攻撃が多く、敵集団をダウンさせて動きを止めることが容易。
反面、パーティプレイでは邪魔にならないよう注意が必要。鬼剣術奥義で相手を封殺したり、コンボにジャンプ攻撃を絡めたりと、他の武器に無い独特な戦い方ができる。流心・快は衝撃波の威力も高く使いやすいため、取得推奨。幻影剣舞の衝撃波は剣風だとヒット数が増えにくい小型の敵に対して有利。変化するスキル
鈍器
マスタリー スキル名 内容
0 鬼剣術奥義 相手をダウンさせない4段攻撃 攻撃範囲は狭い
4段目の後の隙がほとんど無く、ヒットリカバリの低い敵をハメることができる
気絶した相手へは2倍のダメージ
流心・衝 気絶効果が追加
流心・快 相手をバウンドさせ、衝撃波を発生させる
3 バックステップカッター 相手をバウンドさせ、衝撃波を発生させる
アッシュフォーク 衝撃波の大きさ1.3倍
5 ジャンプ攻撃 相手を叩きつけ、衝撃波を発生させる
7 チャージクラッシュ 追加攻撃が可能 追加攻撃の威力は低いが最大溜めで衝撃波発生
幻影剣舞 剣風の代わりに強力な衝撃波を発生させる

 
+   光剣  光剣
物理攻撃力:5位(Lv70青字の物理攻撃力:508)
力上昇:同率2位(Lv70青字の力上昇:38)
物理武器スキルMP:-10%
物理スキルクールタイム:-10%
的中率:-1%
攻撃速度:非常に速い
ヒットストップ:小
通常攻撃範囲:広い
数値上は物理攻撃力最下位だが、その分クールタイムが短く、スキルを回しやすくなっている。鬼剣術奥義が扱いやすく、敵を浮かせ続けるのが容易。猛竜断空斬の感電と、強化される幻影剣舞が優秀で、特に「猛竜断空斬で感電→幻影剣舞で感電回収」の流れは強力。変化するスキル
光剣
マスタリー スキル名 内容
0 鬼剣術奥義 合計8ヒットする4段攻撃 感電効果がある
流心・衝 ヒット数2倍 1ヒットあたりの威力0.7倍
流心・昇 ヒット数2倍 対空ボーナスが削除
3 スラスト 感電効果があるレーザーが発生し攻撃範囲増加
5 鬼剣術奥義 感電効果追加
断空斬 攻撃回数+2 最終打で相手を浮かせる
7 居合い 感電効果のある追加攻撃が可能 追加攻撃の威力は低い
幻影剣舞 斬り部分の攻撃速度2倍、ヒット数2倍、1ヒットあたりの威力0.65倍
9 猛竜断空斬 感電効果が追加

 

 
▲ ▼
ウェポンマスターの立ち回り
•1本の武器でも十分に戦えるが、使用スキルに合わせて武器を入れ替えるとより効率良く戦える。
•基本的にスキルに多くの敵を巻き込むことを考えて動くと良い。集めづらい敵には居合い、猛竜断空斬といった広範囲を攻撃できるスキルで対応しよう。
?敵を直接集めるようなスキルは少ないため、立ち回りによって敵を上手く集められるかどうかがダンジョン攻略速度に大きく影響する。
•オーバードライブは攻撃力を大幅に上昇させる強力なスキルであるため、常用していこう。
•拘束・敵まとめ・支援といった能力は低いため、パーティープレイでは主に火力を出す役割を担う。しかし、高難度のダンジョンでは投げスキルによる拘束を行うなど、柔軟に立ち回る必要がある。
?浮かせたりダウンさせるスキルが多いため、パーティープレイでは味方の攻撃が当たりづらくならないように気をつけよう。
 
▲ ▼
流心系スキルについて
•2013.07.24 SeasonV Act2 女神の一手 アップデートにより、流心系スキルに他の流心系スキルを強化する効果が追加された。
?流心・強はもともと他の流心系スキルを強化するスキルなので、物理クリティカル率が上昇する効果が追加された。
•攻撃力増加率は使用する流心系スキル以外の3種の増加率の合計となる。
?(例) (実際の流心・衝攻撃力)=(表記の流心・衝攻撃力)×{1+(流心・快、昇、強の攻撃力増加率の合計)}
•流心・強の物理クリティカル増加率は流心系スキル4種の合計値となる。
•Lv85で流心系スキル4種を最大まで取得した場合、衝は+79%(+85%)、快は+80%(+86%)、昇は+82%(+87%)、強の物理クリティカル増加率は+35.8%(+38.8%)の増加となる。(括弧内の数値は契約時のもの)