ユーザ ID:<半角英数字>
パスワード:PWをお忘れの方
ホーム >> 【シャドバ攻略 RMT】最新ナーフ予想!その理由とカード調整案【シャドウバース RMT】
投稿日時:2019.06.03

次回のナーフ時期はいつ?

カード能力とコストの変更については、ゲーム内のお知らせにて事前にアナウンスが行われています。

下記のスケジュールでカード調整の有無を発表し、変更がある場合は原則として発表の翌日に実施されます。また、下記の日付以外でも『シャドウバース』運営事務局が緊急と認めた場合にはカード調整が行われます。

・2019年6月27日予定

ナーフ予想カードまとめ

※今回の更新ではカード能力の下方修正をすべきカードの追加はありません。

※並びはクラス順に準拠しています。

白刃の剣舞

C_112224010 ランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。これを「自分のフォロワーの最大攻撃力の値」と同じだけ行う。上限は10回。
エンハンス 5; ダメージを与える前に、自分のフォロワー1体を+2/+2する。

●ナーフ理由

進化と組み合わせれば2コスト4点以上のダメージを期待でき、しかもランダムで全体除去や潜伏にまで通用するため対策がかなり難しい。
さらに、エンハンス効果で盤面に残ったカードを進化させて使うことで、相手フォロワーを除去しつつライフを削りにいける。
月の刃・リオードとのコンボは凶悪で、4ターン目に潜伏からの5ターン目に白刃の剣舞を打つだけでゲームが終わることも……これは相手にとってストレスと言える。

●カード調整案

・エンハンスを削除

エンハンス効果は対応が難しく、勝敗を決める要因が高すぎる。エンハンス効果がなくても、強力な2コストスペルとしてデッキ構築の選択肢に入ってくるため、今後も使われていくだろう。

月の刃・リオード

C_111231010 潜伏
進化時 隠伏天誅1枚を手札に加える。

●ナーフ理由

進化時効果の隠伏天誅がとにかく強力で、1点の小回りの効きやすさと潜伏付与のアサシンがいろいろな場面で活躍する。単体で進化を使えば、上からフォロワーを処理しながら1点を飛ばし潜伏付与の動きも強い。
アサシンを駆使して、ゲームの終盤で勝敗を決定付ける動きができるのに2コスト標準スタッツなのは問題。パーシヴァルや先陣の騎兵、アイテールに潜伏を付与され、ライフを詰められる動きの対処はストレスと言える。

●カード調整案

・コストを2→3に変更

テクニカルな部分を残しつつ、1コストを上げて序盤での切りやすさをなくせばバランスのいいカードになるだろう。

暴竜・伊達政宗

C_110441030 必殺
ファンファーレ 自分のPP最大値が10なら、自分のドラゴン・フォロワーすべては、突進 と、ターン終了まで「受けるダメージは0になる」を持つ。

●ナーフ理由

10pp到達時には相手の盤面を全処理することがたやすく、相手にとって絶望的な盤面を簡単に形成することができる。とくにポセイドンとの組み合わせが凶悪で、守護裏に5/7、2/2必殺を構えられるとそれだけでゲームが終わりかねない。
現状ローテーションのカードプールではこのカードの対策がかなりむずかしい。ケアすることができず、相手が握っていないことを前提としたプレイするしかほかならないため過剰なストレスと言える。

●カード調整案

・コスト2→3に変更

3コストにすることで、ポセイドンとの同時プレイのコンボをできなくすることはローテーション環境において急務である。
また、2コスト2/2の汎用性の高さもなくなるので、構築面で即3枚採用とまではいかないバランスのいいカードになるだろう。

永遠の花嫁・セレス

C_112541010 自分のターン終了時、自分のリーダーを3回復。
交戦時 交戦する相手のフォロワーに3ダメージ。
ファンファーレ 永遠の誓い1枚を手札に加える。

●ナーフ理由

スタッツ、交戦時の3点ダメージ、ターン終了時の3点回復といった優秀すぎるうえにオーバーパワーに尽きる。さらに、ファンファーレ効果で手札に加わるスペル“永遠の誓い”がまた強力。
2コストカードとアーカスの同時プレイを可能にし、ファフニールを7PPでプレイできるなど、現環境のTier1にネクロを押し上げるレジェンドカードになった。進化でトレードしつつ、返しで進化権をほぼ強要できて有利トレードも許さない、相手にとってはストレスと言える。

●カード調整案

・交戦時 交戦する相手のフォロワーに3ダメージ→交戦時 交戦する相手のフォロワーに2ダメージ

着目すべきはトレード時のアドバンテージの点。“永遠の誓い”はもちろん強力だが、6ターン目での永遠の誓いを許さなければそこまで強すぎることはない。なので、交戦時能力をすこし調整することで、5ターン目のセレスの着地をしずらくして、6ターン目に“永遠の誓い”のプレイにリスクを与えればバランスのいいカードになるだろう。