ユーザ ID:<半角英数字>
パスワード:PWをお忘れの方
ホーム >> 神族登場で武侠系から脱却? 日本導入が決定した「LEGEND of CHUSEN -誅仙2 RMT-(仮)」とは
投稿日時:2019.04.14

 

LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-
シーアンドシーメディアがサービス中のMMORPG「LEGEND of CHUSEN -誅仙-」(以下CHUSEN)は,11月18日をもってサービス1周年を迎えた。それを記念したというわけではないのだが,ちょうどよいタイミングで次期超大型アップデート「誅仙2 RMT」の発表が行われたので,簡単に内容を紹介してみたい。

さて,誅仙2 RMTは大型アップデートとはいうものの,「2」という数字を与えられていることからも分かるように,並の大型アップデートではない。従来の内容を延長していくという方向性ではなく,世界観の根っこの部分からすげ替えるくらいの変更が行われている。だいたいの感触でいうと,従来のCHUSENの世界の横に,もう一つ同程度の世界を作って,それらを丸ごと囲む世界観を作っている感じだ。

LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-
大きな変更点としては,まず,新種族が追加されることになった。これまで人間(仙人)の世界での派閥争いなどがテーマであったわけだが,新たに神族が加わって世界が大きく広がることになる。
ストーリー的には「実は,緑蘭は神族の血を引いていた」というあたりから話が広がって,古き血脈が蘇るらしい。やたら強引な気はするが,続編モノの設定というのは,えてしてそういうものなので気にしないように。
思い起こせば飛行や霊獣が追加されたのが「神々の遺産」というアップデートでのことだったわけだが,そのときの「神々」とは,古代の伝説的な仙人ということで,あくまでも人族であることが推定される。誅仙2 RMTの設定では,古代に神族と仙族の大規模な戦いがあり,仙族が勝利したことになっている。姿を消したはずの神族が蘇ったのが,誅仙2 RMTの世界である。

LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-
神族とはいっても,神そのものではない。中国では「神裔」という表記になっており,神の血を引くとされる種族となる。人間の場合は,主義主張によってできた派閥による分類だったものが,神族の場合は,血族による分類となり,外見が人間ぽいものもいれば,人間ぽくないものもいる。もろに種族が違うという感じである。

一方,人族に追加される派閥,炎香谷は三大正派の最後の一つにあたるもので,火の魔法を中心としたクラスのようだ。地名由来ということなので,炎華谷あたりに本拠ができるのだろうか?
これで人間は6派閥,分かりやすくいえば6クラスの職業が揃うことになる。

神族では,現在2種族が公開されており,さらに4種族追加されて最終的に6種族(6クラス)になる模様。神族の狐族は,これまで弓というものがなかったCHUSENで初の弓系クラスとなる。耳と尻尾を持っているのも特徴だ。巨人族は,一般的な種族より頭二つくらい大きな種族で,斧を操る。

LEGEND of CHUSEN 2 -新世界- LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-
狐族
LEGEND of CHUSEN 2 -新世界- LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-
巨人族

青雲門 ファイター系
天音寺 ヒーラー系
鬼王宗 タンク系
鈴幻衆 アサシン系
黒仙道 マジシャン系
炎香谷 ソーサラー系?

狐族 レンジャー系
巨人族 タンク系?
太昊族 ヒーラー系?
光族 アサシン系?
東国族 変身系?
天華族 バード系?

LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-
LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-
つまり,このように各種族で6クラスずつ一通りのクラス群が揃うようになっており,最終的には,人族と神族による2大勢力の戦いへと向かっていくという。中国版の公式サイトを見ると,種族以外に信仰で3勢力に分かれる図式も用意されており,3大宗教戦争といった感じで,複数の切り分けによる大規模対人戦が想定されているようである。
とはいえ,これまでもストーリー的に正邪の対立の図式はあったものの,パーティ構成などに影響を与えるものではなかったのと同様,人族と神族でパーティを組むことに制限はないとのこと。

さて,神族の追加によってなにが変わるのだろうか? 身もふたもなくいってしまえば,最大のメリットは,
「見た目が違う」
という点に尽きるのではないだろうか。個人的には,未発表の新クラスで面白そうなものがあって期待しているのだが,もはや武侠系ではなくなっているという事実が相当に大きな変更点である。純粋な武侠モノから,武侠とは違うファンタジー系のテイストを持ち込み,従来の武侠世界は,むしろその内部の一つと位置付けているところに大きな意味がある。
神族で始めると,しばらくは武侠系の世界とは無縁である。背景は中南米の古代遺跡を思わせるもので,これはもうCHUSENのシステムを使った別のファンタジー系のMMORPGといっても過言ではない(まあ,ジャングル的な植生に交じって竹が生えていたりするところがご愛敬ではあったりするのだが)。
実際,誅仙2 ではコンテンツ量は2倍以上に増えているとのことで,新しいMMORPGが丸ごと1個合体しているという見方でそう間違いではないだろう。

LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-
LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-
武侠でないと売れない中国とは違い,日本では武侠系というと,どうしても好き嫌いの分かれるジャンルとなっている。西洋ファンタジー系がさほど抵抗なく受け入れられているのに対し,武侠系だとやってることに大差はなくても敬遠する人も少なくない。
CHUSENの基本システムはかなり完成度が高く,サービス初期に不足がちだったコンテンツも充実するようになってきている。法宝などの特徴的な戦闘システムも神族でそのまま適用されるので,神族パートはかなり充実した状態から始まる新規ゲームのような体裁である。
「わりと面白そうだけど,武侠系は見た目がいま一つ好みではない」と避けていた人がどれくらいいるかは分からないのだが,まさにそういう人のためのアップデートだと思ってもいいだろう。

ちなみに,誅仙2 RMTの舞台は小説のストーリーが完結したあとの世界となっている。従来の人界では誅仙のストーリーを追ったクエストなどが続きつつ,小説「誅仙」の世界をベースにしていない世界も並行して展開していくことになる。


新フィールド:神界


LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-
神族が住むエリアは,従来の人族のマップとはかけ離れた場所にある。神界マップで当初公開されるのは初期エリアとちょっとくらいだけのようだが,徐々に拡大されていく模様。前述のように,古代遺跡が主要なモチーフとなっており,全体にマヤ,アステカ文明あたりの風情を漂わせている。西洋ファンタジーともいいがたいが,武侠色はほぼ抜けている。
なお,神界として提供されるのは,当初は初期村と周辺に限られるようで,神界から人族のエリアに移動できるのはレベル30〜50くらいとのこと。人界でいえば,河陽村と青雲門(+天音寺?)くらいの規模に留まるようだ。高レベルコンテンツは人界マップで行うことになる。
逆に,当面は,人族側が,神族のエリアで立ち入ることができるのは空中戦の特殊マップのみに限られるようだ。

LEGEND of CHUSEN 2 -新世界- LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-
LEGEND of CHUSEN 2 -新世界- LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-


空中戦


LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-
さて,その空中戦である。飛仙剣などで空中移動の手段も追加されていたCHUSENだが,飛行中は移動のみで戦闘はできなかった。誅仙2 RMTからは空中でも戦闘ができるようになる。前述のように空中戦専用のマップも追加されるという。
空中戦用のマップは神界にあるようだが,人間の街からも飛行船で移動することができる。空中戦が行えるのが専用マップだけなのか,既存マップでも可能なのかなど(地上Mob側の対応が難しそうなので無理か?),細かい部分で疑問は残るものの,今後は空中戦闘を前提としたステージ構成なども登場してくるものと思われる。

LEGEND of CHUSEN 2 -新世界- LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-


モンスターに変身


LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-
誅仙2 RMTから加わる要素として,個人的に楽しみなものに変身がある。
中国の公式サイトを見ると,なんとなく狐族は狐になれると書いてあるような気がする。未公開の東方族は,もっと積極的にいろいろな姿に変身できるようである。
それらの種族特有と思われる変身能力以外に,誰でも一般のモンスターに変身できるようになるようだ。これはモンスターがドロップする特殊なアイテムを装備することで可能になるもののようで,モンスターの特性にあわせて,例えば空を飛べるようになったりスキルが使えたりするという。詳細については不明点が多いのだが,ボスあたりの姿になれるという噂もあるのでちょっと期待したい。

LEGEND of CHUSEN 2 -新世界- LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-


霊獣同士の対戦


CHUSENでのいわゆる戦闘用ペット,霊獣は,カスタマイズ要素も多く,育成法次第で個性的なものに仕上げることもできる。誅仙2 RMTでは,霊獣バトルフィールドが追加され,霊獣を持ち寄って戦わせることができるようになる。霊獣の種類で相性もあると思われ,対戦はなかなか興味深いものになりそうだ。
ちなみに,霊獣をエントリーしてしまうと,あとはプレイヤーは見ているだけで手出しはできないようだ。


初心者用辞書機能


ゲーム内から各種ゲームの情報を参照できるようになる。さまざまな単語についてのデータベースが用意されるようで,ゲーム内で分からないことがあったら,その場で調べられるというものらしい。
初心者用となっていることから,AIONでのパワーウィキなどのようにゲーム情報に踏み込んだものかどうかは不明だ。


LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-
LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-
ゲームが世界観自体から一新される規模のアップデートで,かなり大きな変更が加えられる誅仙2 RMT。その実装とともに,ゲーム自体のタイトルも新しくなるとのことなので,1周年を機にイメージを一新しての再登場となる。まあ,ゲームのイメージは,Perfect Worldにかなり近づいてしまうのだが……。
神族を選択した場合の展開は,従来のCHUSENとはまったく異なったものとなりそうだ。当然ながら神族ではレベル1からの出発となるわけで,ほとんど新規ゲームと同じような感覚で始められるのも魅力である。新規ゲームと違うのは,現状のMMORPGで少なくとも三本指から漏れることはないであろう完成度のクエストナビゲーション,コミュニティを作りやすい家族システム,法宝などの多彩で個性的な強化システムと,MMORPGとしての基本部分は充実しているCHUSENをそのまま引き継いでいるところだ。今後は神界での展開と従来のストーリーの2本立てでゲームが進んでいくことになる。
大規模対人戦を前提としたシステム変更のように思われるのだが,神族が育ちきるにはまだまだ時間が必要だろうし,そもそもクラスが揃いきっていない。そのあたりはしばらくお預けだ。
なにはともあれ,これからしばらくは新要素の詳細情報が公開されていくと思われるので,それを武侠世界から大きく踏み出そうとしている誅仙2 RMTの動向には要注目だ。今後の新展開に期待したい。

LEGEND of CHUSEN 2 -新世界- LEGEND of CHUSEN 2 -新世界-